鈴木酒造店の日本酒に掛ける思い【甦る】

『甦る』

3.11大震災によって、蔵が倒壊してしまった福島県浪江町の蔵元「鈴木酒造店」が、酒造りをはじめるために全国の蔵元を回る中で縁あって山形県長井市の蔵元で酒造りをやめた東洋酒造を引き継ぎ、酒造りを再開しました。
「鈴木酒造店」は、震災後、酒造りを再開できたのも、色々な方々の支援、応援があったからだと話しています。

『甦る』にかける思い

『甦る』のお酒は、避難者が手掛けた酒です。
別々の故郷を持ちつつ長井の土で生きる思いを胸に決め、これに応えるように、長井で長年親しまれ何時しか幻の米と呼ばれるようになった貴重な『さわのはな』の種子を長井の農家さんが特別に譲ってくださいました。
そのうえ、ことあるごとに農業指導をして頂いた厚意が詰まった酒です。
「3.11」を忘れぬため、鈴木酒造店の「甦る」の意義を留めて作った限定のお酒です。ぜひご利用ください。
【磐城壽(鈴木酒造店)が有った福島県浪江町は今も町内は全域が避難指示区域となっています】

甦る 純米吟醸
原料米:さわのはな 100%使用
精米歩合:55%
アルコール度:15度

柔らかく、きれいなふくらみの食中酒です。
冷、常温、ぬる燗でお楽しみ下さい。

PAGETOP